トップイメージ
プログラマの登竜門としての国家試験として、基本情報処理技術者試験があります。情報処理技術者試験の中の一つで、開発サイドの試験としてはもっともかんたんな部類になります。しかし、難易度はやや高めとして考えられています。 実際に取得をしてプログラマの登竜門として役立てることができるのかどうかですが、ソフト開発会社へ入社できれば資格手当てとして1万円が支給されるなどして一歩お得な給料が得られます。あくまでも採用されればの話であるから、採用にならなければ取得しがいのない資格になります。未経験者採用の多いプログラマ業界のこと、必ずしも取得しておく必要はないでしょう。むしろ、実践的にプログラミングをしていることのほうが重視されます。 知識の整理としては用いることができます。午後試験ではプログラミング言語として、5つの言語から選択式となっていて自分が身につけようとする言語のものを重点的に学べます。言語によっては合格率が上がったり下がったりしています。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.destroyermag.com All Rights Reserved.