トップイメージ

車の保険には自賠責保険または任意保険のふたつの種類があるのです。

任意保険、自賠責保険の双方ともに不測のアクシデントに遭ったときの補償に関するものですが、条件はやや異なっているといえます。

自賠責保険と任意保険においては補償の対象となる事象が一様とはいえません。

※相手へは、自賠責保険、任意保険を用いて補償されようになっています。

※自分には【任意保険】のみで補償します。

※自己の所有する財産へは【任意保険】を用いて補償されるよう取り決められています。

自賠責保険のみでは、自分自身へのケガもしくは自動車への支援は享受できません。

続いて相手に向けてのサポートですが自賠責保険であれば亡くなられたケースでは最高三千万円、後遺障害を与えてしまった場合最大で4,000万などというように定められています。

しかし賠償額が前述した値を上回ることは起こり得ます。

また加えて相手方の所有する乗用車あるいは建築物を破壊した時については事故を起こした人の完全な自己補償になると定められています。

そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険が必要になるのです。

危害を受けた者の支援に重きを置く任意保険というものにも実は、それとは一線を画す内容があります。

※事故の相手へは死亡時あるいは負傷の他にも自動車または不動産といった様々な財産を賠償します。

※自らへは、一緒に乗っていた者も込みで死亡時や負傷を補償してくれます。

※自分の所有する財産へは、車を賠償します。

そういった多様な面での賠償が安心できるものであるということが任意保険が持つ強みなのです。

保険料金の支払いはどうしても必要となることは仕方ないですが、事故の相手方のためにも自分を守るためにもクルマに末長く乗りたいのであればぜひ任意保険というものに契約を結んでおきましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.destroyermag.com All Rights Reserved.