トップイメージ

中古車の売却額を可能な限り大きくするのに、、クルマを売却時期タイミングというのも大事なポイントです。

自分から店先まで車に乗っていって見積もりをお願いしなくてもネットで自動車買い取り専門業者に売値査定確認依頼にだせば、たいした時間も必要とせず査定額の概算見積りしてくれますが、所有する愛車をできるだけお得に売ろうと思いめぐらせれば、、数点の注意するべきポイントがあります。

どういったものがあるかと言えば第一に走行距離です。

今までの走行距離は車の買い換え料金の査定でも大切な基準となるものなのです。

何kmくらいの走行距離で売るのがベストかと言いますと車の査定に影響するラインは50000kmという説が有力ですからその距離を超える前に見積もりをお願いして手放すとよいです。

走行距離が20000kmと60000qでは一般的に、自動車の買取金額は評価が異なるはずです。

二つ目に、車検が挙げられます。

もちろん、車検には現金が必要ですので車検が必要になるまでの残り期間が大きいほど見積額は大きくなると勘違いする人が多いかもしれませんが、現実に車検直前でも直後でも車の査定額には全然響くことはありません。

こういったことはちょっとやってみるとたいへんよくわかります。

車検時期が近付いてきた車は売り時としてもいいタイミングということになります。

反対に、査定額を上げるために、車検を済ませてから見積もりを頼もうと考えるのは車検代が勿体無く、ほとんど意味を持たないということです。

また専門業者に自動車を買い取ってもらう時期として2月と8月はチャンスです。

なぜかと言いますと、車買取業者の期末が3月と9月のところがほとんどだからです。

ですから、例えば、1月に売ろうと思ったらあとちょっと待って2月に中古車の見積もりを依頼して売却するのも良いと思います。

自分の都合も都合もあるでしょうから、皆が皆こうした時期を狙って売りに出すなどというわけにもいかないでしょうけれども、可能であればそのような時期に売りに出すのが良いと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.destroyermag.com All Rights Reserved.