トップイメージ

外国為替市場であるFXを検証していきます。TOEIC

外国為替証拠金取引(FX)とは、二つの異なる国のお金を交換をしてその二つの差額を得るとの流れです。

このような両国の貨幣の中で出る差益の金額をスワップ金利と呼ぶのです。

このスワップ金利のことは正しくはスワップポイントと呼ばれているようです。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイントは、日ごとにでも得る事ができますがしかしその時の為替の相場の変化で変わってくるのだそうです。

こんな風に外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)をもらうことを目当てに、外国為替証拠金取引のトレードをやっている人たちもいます。

スワップポイントは、そのFX業者ごとで違うので少しでもスワップ金利が高いFX業者を利用したい所ですよね。

けれども、スワップ金利(スワップポイント)は為替相場が動くと変動してしまうので気をつけましょう。

もう一つ、為替取引をする際には図表を読めるのが重要になるのです。

このグラフを見る事で為替取引の動向をつかむ事が出来るようになるとのことです。

外国為替に慣れていない人が見た際、何を表しているチャートですか?と難しいと思うと思いますが要点を捉えていれば図表を読み取る事が可能となるそうです。

このタイミングで日本円が上昇するもしくは下がって来ているとかこの時が最も円安などとこのグラフを理解する事で判断する事が出来、為替の取引をする際には非常に便利な情報となるようです。

上記の図表は日本の中ではローソク足が使われていてその名前の通りローソクの形をした図表で表現されています。

ローソク足(陰陽足)によって、高値と安値、なおかつ終値と始値を示していてグラフの上で様々な格好となっています。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.destroyermag.com All Rights Reserved.